我が事務所では基本的な方針として、30年以上の年月が経過しても色あせない建物を目指して設計活動を行っています。

ハードウェアとしての建築物は、実は木造であるかどうかに関係なく、30年をはるかに越える年月に耐える事が出来ます。適切なメインテナンスを施せばさらに寿命を伸ばすことも難しいことではありません。それにも関わらず、例えば日本における住宅の平均寿命は30年未満だと言われており、多くの建物が耐用年数を満たす前に取り壊されています。そのような短命の理由は一つではありませんが、私は意匠や設計思想というソフトウェア面で陳腐化に耐えられない事が大きな理由であると考えています。   >NEXT