表現としての建築も同様に、30年経てば見向きもされない作品もあれば、年月の経過とともにますます輝きを増す作品も存在します。おそらくその理由は30年前の流行を先取りしていたからではなく、30年後でも通用する普遍性を持っていたからであり、設計思想が現在の目で見ても優れているからだと考えられます。このことから、使い手が使い続けられる普遍性を追求することは、同時に作品としての普遍性を追求することにも繋がる筈だと考えており、そのための最低限の目標として、30年の時代の変化に耐える設計を自らに課しています。

30年後にも変わらず使い続けられ、人々に胸を張って設計思想を説明出来る、そんな建物を作りたいと考えて日夜活動を行っています。このホームページを通して、皆様に関心を持って頂ければ幸いです。