外観 俯瞰 エントランス 外観 エントランス デッキテラス エントランス 居間 エントランス 浴室 エントランス 洗面所 エントランス 浴室 エントランス 浴室 エントランス デッキテラス エントランス 書斎 エントランス 書斎 エントランス 寝室 エントランス 階段 エントランス 玄関 エントランス 玄関 エントランス 寝室 エントランス 寝室 エントランス 花瓶 エントランス 浴室 エントランス デッキテラス エントランス ディテール エントランス 外観夕景 エントランス デッキテラス夕景 エントランス デッキテラス夕景

シンボルツリーのある家

屋内での生活と屋外での活動が自然に一体化するようなライフスタイルのために設計された住宅です。段丘状の広いテラスと住宅各所から眺められるシンボルツリーを持っており、各居室に高い独立性が与えられている一方、テラスを共有することで家族同士の屋外空間を通じたコミュニケーションが誘発されており、相互につながりのある空間の集合体という一面も併せ持っています。

建主の家族構成は共働きのご夫婦と小学生の長女、そしてやはりお仕事をされているお祖母さまの4人で、三世代が生活していますが二世帯住宅のように物理的な区切りはありません。その代わり、家族のうち3人がお仕事をされていることから動線が交錯せず各自が独立性を持って活動出来る構成が求められることになりました。これに対応し、縦動線となる階段を中心に三方向に各居室を配置することで各々の活動時間が一致しない場合でも相互に干渉せず生活が出来るよう計画されているほか、各室はそれぞれテラスやシンボルツリーに面しており、機能だけでなく景観やアクティビティの上でも独立した居間が複数存在するかのような構成となっています。

本来は生活サイクルの異なる4人が円滑かつ独立して活動することをコンセプトとして計画された住宅ですが、結果的には新型コロナウィルスの蔓延とそれに伴う勤務や学習のオンライン化・リモート化への対応を先取りした形となっており、独立性の高い居室と植栽のある共有テラスとを自由に行き来出来る、巣籠もりと屋外活動が一体化された生活が可能な住まいとなっています。

配置図
平面図・立面図
断面図
  • 設計 山本卓郎建築設計事務所
  • 敷地 東京都大田区
  • 用途 専用住宅
  • 敷地面積 86.51m2(26.22坪)
  • 建築面積 51.55m2(15.62坪)
  • 延床面積 109.08m2(33.05坪)
  • 1階床面積 47.98m2(14.54坪)
  • 2階床面積 40.95m2(12.41坪)
  • 3階床面積 20.15m2(6.10坪)
  • 用途地域 準工業地域
  • 建蔽率 59.58%(許容60%)
  • 容積率 126.08%(許容200%)
  • 竣工 2020年6月
  • 設計期間 2018年3月 – 2019年8月
  • 施工期間 2019年10月 – 2020年6月
  • 構造 木造
  • 施主 夫婦+子供1人、母親
  • 設計担当 山本卓郎建築設計事務所 山本卓郎、柳智子
  • 構造設計 馬場貴志構造設計事務所 馬場貴志
  • 施工 リモルデザイン 佐藤大
  • 家具 田中工藝 田中智也